TTT

THE TRILOGY TAPES 2020 A/W Collection

サウスロンドンからミステリアスな作品を発信し続けるレーベルTHE TRILOGY TAPESの2020A/Wコレクションが届きました。

2008年のBlog立ち上げからカセットテープ、レコードを途切れることなくリリースし、その内容はインダストリアルやエキゾチックなノイズ作品から音が潰れた様なラフなダンスミュージック、近年では山之内純太郎によるソロプロジェクト ゲロゲリゲゲゲを発表するなど常に話題に事欠くはありません。

各リリースの内容もさる事ながらヴィジュアルも興味深く、オーナーのWill Bankheadが手掛けるカルト、ダークかつネタ元が不明なサンプリングが施されたDIY感溢れる印象的なジャケットがラインナップされています。

WillはMo' Waxでのヴィジュアル・ディレクターを経て、レコードショップ兼レーベルのHonest Jon'sでも多くのデザインを手掛け、また90年代初頭からロンドンのスケートシーンともコミットし現在もPalace Skateにグラフィックを提供しています。

LOVEではBrand立ち上げ当初からバイイングしている、ご存知C.Eとの関わりも深くBrand初期に行われたショーのでのパフォーマンスもTHE TRILOGY TAPEからリリースするRezzetteが担当しました。これまでにC.E & THE TRILOGY TAPEが共催したpartyも幾度も行われ、WillとJOY ORBISONが運営するHinge FingerやNYのL.I.E.S.等とクロスオーバーしANTHONY NAPLES/BEN UFO/LIL Mofo/POWDER/Beatrice Dillon/DJ NOBU/Mars89/Peder Mannerfelt/SAMO DJ/Kassem Mosse/1DRINKなどがパフォーマンスを行いました

今コレクションもTTTの謎めいた雰囲気を落とし込んだアイテムが並び、またいわゆるレコードレーベルのマーチャンダイズとは異なり、着心地の良い拘りのオリジナルボディも着て頂ければ納得いただけると思います。

 

僕がTTTにハマるきっかけとなったトラックです。

Willie Burns - The Overlord

Release/catalogue number: TTT 005 Release date: Oct 1, 2012

 


Older Post Newer Post