Black Weirdos 2021 A/W Collection "CRAB 33" スタート

Black Weirdos 2021 A/W Collection "CRAB 33" がスタート致しました。まずはリラックスシルエットのオリジナルボディを使用したELVIS SONY LS Teeの登場です。

ELVIS SONY LS Tee 12,100 yen tax in white / cement

フランス映画「la haine/憎しみ」の1シーンに出てくる盗品家電転売業の不良仲間の一人が着ていた「ELVIS SHOT JFK」TシャツからのインスパイアされたロングスリーブTシャツ。前面には「ELVIS SONY JFK」と背面にはエルビスのマグショットがプリントされています。

また今コレクションの世界観を表現した動画も公開されています。

 以下はBrandから発表されたテーマです。

「33」は古くから最強の数字 "エンジェルナンバー"とされ忌み畏れられている。イエス・キリ ストがこの世にいた期間33年、国宝「三十三間堂」、インド神話に登場するシヴァ神などの神 々の33神、NYニックス伝説のセンター「パトリック・ユーイング」の背番号、厄災が多い北緯 33度の怪「バミューダトライアングル」「ロズウェル事件」ディズニーランドの敷地内に大人 しか入れない秘密の部屋「クラブ33」の存在など

廃ビル屋上の早朝BBQでホットドッグを摘みながら悪巧みの情報交換。ボブ・マーリーのポス ターと盗品の家電(箱)が積まれた事務所。屯するトラックスーツやスウェット姿の不良たち。 1995年フランス映画「La Haine(憎しみ)」、パリ郊外の「バンリュー」(移民が多い、貧しい 公営住宅地帯)に住むユダヤ系のヴィンス、黒人ボクサーのユベール、アラブ系のサイードの ような不良3人組は、日本の世田谷にもきっと存在する。90年代ストリートカルチャーをBW独 自解釈したトーキョー・バンリュー・イミグラント・スタイル " CRAB THIRTY THREE "


Older Post Newer Post